FC2ブログ

ダッチオーブンで焼き芋!

台風も無事に通り過ぎ、
お天気?な日曜日(本当は快晴!を期待していたものの・・・)
『石焼き芋づくり!』

先日お兄ちゃんが幼稚園のおイモ堀でとってきたおイモを
この時のために暖めておきました(*^。^*)


石焼き芋・・・。
正直、料理とはおこがましくて言えないくらい(~_~;)


まずは石集めからです。
本当は黒くて、丸みのある石を使ったほうが良いらしいですが、
結局は何でも良いみたいなので、
家の周りに敷いてある砂利を利用することに(~_~;)

子供たちに石拾いをさせ、
よ~く流水で洗います。

それと一緒に、お芋も洗っておきます。
大きさは↓こんな感じです。
(10インチのダッチオーブンに入るのはこれが限度?)


そして洗った石をダッチオーブンの深さの3分の1まで入れて、
お芋をのせます。(お芋の隙間と上からも少し石をのせて下さい)

今回はついでに残っていた栗も(^^♪


ダッチオーブンの蓋をして七輪の上にセット&スタート。
(はじめは上火なしでした。)


45分後チェックしてみると、
細いほうはいい感じでしたが、
太いほうはまだまだのよう。

上火も必要と判断して、
上にも炭を乗せ、再度スタート。
その後約30分・・・完成しました!!

ホクホクで本当の焼き芋♪
お兄ちゃんは大喜びで、1本以上たいらげました。



焼き芋ではお芋の大きさは
小さめの方が良いのかな~?!と言うのが今回の感想です。
と言うのも、大きなお芋だと繊維質が気になりますが、
小さめのお芋ですと食感もとろ~り!でとても美味しかったです。

そして、加熱時間は、
焚き火のような強火であれば40分くらいで出来上がると思いますが、
七輪などでやるときは上火ものせて60分くらいだと思います。
(焦げることはないようですが、途中様子を見てやってください。)

また栗は、
お芋と同じ時間加熱してしまったため、
大分水分が飛んでしまったものの、
とっても甘くて、お味は焼き芋以上でした(^_-)-☆


冬の暇な週末の遊び?として、
焼き芋・・・温まるし良いですね。



                お帰りついでに↓ご協力いただけると嬉しいです(^_^)v


たこやき器

先日書いたこちらの続きのようなものです。

少し前の休日のお昼、
お兄ちゃんのリクエストは・・たこ焼き!
パパのリクエストは・・・・・チャーハン!

我が家の鉄則は、
ママの作った料理は文句を言わずに食べる!!

だったので、子供たちの意見&私の独断で『たこ焼き』が採用でした。
しかし、それではあまりにもかわいそうなので、
チャーハンもたこやき器でミニ焼きおにぎりにしてあげました。


↑はまたしてもですが、
     卵かけご飯
     チャーハンの具材
     鶏がらスープのもと
     お醤油

を加えて混ぜ混ぜしてから焼きました。
前回の卵かけご飯よりも、かなり美味しく、
我が家ではでした。

洗い物も減ってくれるので、
私には助かりご飯でした。


『たこやき器』・・かなり便利な調理器具なので、
家庭に眠っていたら是非使ってあげてください(^_-)-☆




     お帰りついでに↓ご協力いただけると嬉しいです(^_^)v



たこやき器使ってますか??

ジャジャ~ン!
たこ焼き器って使ってますか??

関西の方ですと、生活の一部に「たこ焼き」が
存在するようですが、
関東やその他の地方だと、なかなか・・・。

我が家ではず~っとお蔵入り(^^ゞしていた、
たこやき器

最近キャンプを始めたことによって復活しています(^^♪

もちろんこんな感じ↓に使ったりもしますけど、


それだけでは勿体無い!と気付いた最近です。
と言うのも、たこやき器は一つ一つの穴がフライパン?と言いますか、
孤立しているからこそ、色々なものを一気に焼くことが可能です。

その特徴を利用して

焼きおにぎり&トマトのベーコン巻き(*^。^*)

焼き鳥だって、網で焼くよりキレイです(^_-)-☆


ちょっとだけ、レシピ?をご紹介します。


<トマトのベーコン巻き>
   ミニトマトに、少し細くきったベーコンをクルクル巻いて、
   穴の中に一つづつ入れてください。
   焼いていくうちにベーコンが縮んで良い感じに♪
   ベーコンがお好みの感じに焼ければ完成!

<焼きおにぎり>
   卵かけご飯を作ります。
   具材として、チーズ・干しえび等をお好みでいれ、
   少し濃い目に味付け(しょうゆ&だしの素)ます。
   穴から少しあふれるくらいに入れて、
   たこ焼きの要領でクルリと返しやすくなればOK
   ひっくり返して、反対面も焼いたら完成
   (味が薄いようでしたら、お醤油をかけてどうぞ)
   (チーズ多目がお勧めです)

<焼き鳥>
   一口大に切った鶏もも肉を皮目を下にして入れます。
   パリッと焼けてきたら、ひっくり返し、
   途中何度か焼き鳥のたれにつけ、
   中まで火が入れば完成
   (タレでなくても、塩コショウorクレイジーソルトもお勧め)

<鈴カステラ風おやつ>
   ホットケーキミックスを分量よりも少し固めにつくり
             (牛乳の量で調節してください)
   穴の中に入れます。
   周囲に少し火が入ったら、チョコレート、カスタードクリーム
   ジャム、あんこ・・等お好みの具材を入れ、
   たこ焼きの要領で丸めたら完成


作る順序としてはデザートを一番先にした方が
洗う手間も省けるので楽だと思います。

お子様と一緒に楽しい時間を過ごせるので、
週末にはお勧めのたこやき器!
たこやき器!という固定概念を取っ払って、
小さなフライパン(ホットプレート)
と思うと、用途も無限に広がると思います(^_^)v

是非家庭で復活してあげてください。


     
もしも、もっていない方は↓もありますよ。






我が家の場合、キャンプに使うので、
鋳物のたこやき器・・・ですが、
こちらは慣らしが、面倒なので、
電気&テフロン加工が重宝するかと・・お勧めです(^_-)-☆





               ↑継続への励みになります!!
               どうかポチっとお願いします(^^ゞ

クワガタの赤ちゃん(^^♪

クワガタの赤ちゃんがいつの間にやら誕生していました(^_^)/~

特に幼虫や卵は人間の手の油?が苦手のようなので、
地道に木製スプーンで数えること数十分。

総勢23匹の卵&幼虫を発見!

成虫にすることを挑戦してみようかと思ったものの、
クワガタの場合、成虫まで数年かかると言うことなので
断念(~_~;)

お兄ちゃんとパパで、
親クワガタの育った森に返しに行くことになりました。

クワガタを採るときは、木ばかりを見ていればよかったものの、
今回は幼虫を逃がす・・・。

結構場所探しが大変だったそうです。

深すぎないように穴を掘り、
そこに、我が家の土?と一緒に帰って行ったそうです。



お兄ちゃんは、

大きくなって、また会おうね~!!

と声をかけていたとのこと。
可愛いですね。


さて、数年後無事成虫になってくれると嬉しいです(*^。^*)













ミヤマクワガタ

我が家に新しい仲間が増えました(*^。^*)

ミヤマクワガタみ~さん

先日八ヶ岳にキャンプに行って来た時、
夕飯の片づけをしていると
炊事場に寝そべっていました(^^ゞ

興味のない人だったら見逃すかもしれませんが、
さすがに、パパとお兄ちゃん。
すぐに見つけて簡単なお家を作って、
連れ帰ってきました(^^♪

そして、キャンプ場にいたオオクワガタと記念撮影!!

さすがにオオクワガタは別格ですが、
我が家のみ~さんもナカナカですね(^_-)-☆

残された命も短そうなので、
連れ帰るのを止めようかとも検討したものの、
パパも自分で採ったミヤマクワガタは
初だったので、一緒に帰宅しました。

そして、み~さんの命ある限り、
高所に住む彼のために
我が家のエアコンが消えない(^^ゞ
と言う、妻泣かせな状況になってしまいました・・(>_<)