スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなくタニタ生活・・・・2

昨日の夜も頑張ってみたタニタ生活

     RIMG0338

     ハンバーグ(お肉と豆腐ほぼ同量)
     大根とにんじんのお味噌汁
     五目豆
     納豆

しかし、夕食を見て叫んだのは

子供達。

「え~今日もタニタ生活?????」

「タニタ生活はパパだけにしてよ~!!!!!」

「ハンバーグの色が違う~!!」

「ハンバーグ味も違う~!!!」

「お味噌汁の味がしない~」

二人からは美味しい♪と言う母の元気の源てきな言葉は
一言も聞くことが出来ずに、文句のオンパレード。

確かに、健康優良児な子供達にとって、
妙にふわふわで、お肉の味のしないハンバーグってありえないのかも。
その上、お味噌汁には味がほとんどないし・・・・。
   (お味噌汁は病院の味でした。)

このままではパパよりも先に子供達が
倒れてしまいそうなので、少し考えないと・・・・。
けれど、別メニューってのもかなり面倒ですよね。

そんな夕飯の反動か・・・・

     RIMG0342

天板3枚分焼いたクッキーが、
いつの間にか残りはこれだけ。
焼きあがるのを待ち構え、
少し冷めると次々と父と子の胃袋へ。

こんなんで、タニタ生活・・・・意味あるのか????





                         ↑お時間ありましたら、
                          ポチっとお願いします(^^ゞ


スポンサーサイト

なんとなくタニタ生活♪

昨日早速我が家に届いた

タニタ本。

      RIMG0335(1)

サラッと見た感じで、
どうみてもパパの胃袋が満足できる量ではありません。
女性のちょっとしたダイエットならば、短期間で我慢できるとも思うけれど、
食べることをこよなく愛するパパにとって、
しょっぱなからこのメニューでいくのは、
持続できないと思うので
我が家はなんとなくタニタ生活に変更です♪

そして作ってみたのは↓

RIMG0331(1)

     鶏肉の味噌漬けをグリルで焼いたもの
     ほうれん草とシメジのおひたし
     高野豆腐とお野菜の煮浸し
     ベーコンとキャベツのなんちゃってシチュー

結局鶏肉以外は家にあったもので
タニタ風といった感じですが・・・。

ただ昨日の晩御飯でのサラダ油使用量は
お肉はグリルで焼いたわけだし、
煮浸しやおひたしでは勿論使いません。
シチューにいたっては沸騰させたスープの中に
具材を入れて煮込んでから少量の牛乳で色身をつけて
水溶き片栗粉でとろみをつけただけ。

私からすると十分な量の夕飯でした。

お米命のパパは
1食150gのご飯が何よりきついみたいです。
  (この先私としては100gまで減らそうと思っているのに・・・・。)

ちなみにパパの一言・・・・

   迷うよな~。
   これで長生き、それとも好きなものを食べて短い一生・・・。
   俺、タバコ吸って、好きなもの食って短い一生の方が良いかも・・・・・。


と。
子供なしの独身男だったらこんな生き方も良いかもしれないけれど、
仮にも2児の父。
妻という立場からすると長生きしてもらわないと困ります!!!

そんなパパ。
昼食までを一気にタニタ生活・・・となったら
気が狂ってしまいそうなので、
当面お弁当も今までどおり

     RIMG0334(1)

学生並みのドカ弁です。




                         ↑お時間ありましたら、
                          ポチっとお願いします(^^ゞ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。