スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールマン ホットサンドメーカーを使ってみました♪

少し前にライスクッカーと一緒に購入した↓

   SH3E0309
   Coleman(コールマン) ホットサンドイッチクッカー

を先日のCAMPで使ってみました♪


   RIMG2411
   かなり?焦がしちゃったけれど・・・・大丈夫

ホットサンドクッカーの使い方はいたって簡単♪

 ① 食パンの片面にバターまたはマーガリンを塗り、この面がクッカーに触れるようにして
   食パンをクッカーに乗せます。

    RIMG2410
    
 ② お好みの材料をサンドしてもう1枚のパンを乗せます。

 ③ ②のパンのクッカーに触れる面にもバターまたはマーガリンを塗ったら
   クッカーの蓋をグッとしめて、ストッパーをかけて
   良い香りがするまで焼いたら完成♪

   途中焼き加減を開いてみても大丈夫ですよ!!


続いてこのクッカーの形状・・・・

   1

 取っ手は取り外し可能
   2

 クッカー自体もバラバラになります。
   1

 もちろん焦げ付きにくいコーティング加工なので
 お手入れ楽々♪
 と言いたかったものの、このコールマンのランタンマーク・・・・
   2
 ホットサンドは可愛らしく出来上がるけれど、
 パンを焦がしてしまったときに隙間に汚れが残ってしまうんです

 勿論コーティングされているので、
 たわしやブラシで軽くこすれば落ちますのでご安心を

 使用するパンのサイズは普通の食パンサイズ
      6枚切り2枚での使用を推奨していたけれど、
      我が家では8枚切り2枚で全く問題なかったです。

      食べ盛りの4人家族にとってはホットサンドが2切れづつの完成は
      少し時間がかかりすぎるかな?と思いました。
 


 ってなわけで、使用頻度が高そうな我が家からすると
 初期投資額が違うものの↓

     
     スノーピーク(snow peak) ホットサンドクッカートラメジーノ

 の方がお勧めです。(クリックすると詳しい形状などが確認できます。)
    ちなみに↑ハンドルは取り外しは出来ませんが、
    サイドに折り曲げることができるので収納面での問題なしです♪
   
    &パンのサイズはサインドイッチ用のパン。
     (食パンの耳を落とせば良いだけなんですけどね)


 
どちらがお好みですか??








ついでに少し前に世界遺産となった富士山♪
記念する今年に登ってみようかな?!と思っている方・・・
山小屋は9月中旬くらいで殆どがしまってしまうので、
しっかり情報収集してから行ってくださいね!

   アウトドア&スポーツ ナチュラム

   アウトドア&スポーツ ナチュラム

   
スポンサーサイト

コールマン アルミライスクッカーは初心者キャンパーから白米こだわり派まで幅広くお勧め♪  

先日購入した↓

   SH3E0309

コールマンさんのアルミライスクッカー。
他社さんの製品ともかなり迷ったものの、
決め手は

    ザルや計量カップなどが付属されている上、
            お鍋の中にスタッキング可能
   お鍋の中には必要なお水の量を示すメモリがある
   炊飯中の火の調節不要


この3点です。
やはりさすがのコールマンさん。
至れり尽くせりです。

さて、このライスクッカー。
とりあえずCAMP前に試し炊きをしてみたので・・・・♪


<ライスクッカーの使い方>

   ① お米を研いで30分以上浸水させて起きます。
      (無洗米でも、浸水は忘れずに!!)

   ② お米をお鍋に移します↓

     RIMG2356

     見難いですがわかりますか??メモリがあるの。 
     3合までのメモリが付いています

     水分を調整したら中蓋を閉めて↓

     RIMG2357
     (この中蓋のおかげで吹きこぼれないそうです)

        RIMG2362
        この輪↑も便利。 炊き上がった熱々の蓋を難なく開けられます。

     外蓋をしめて持ち手を上にします。
  
     RIMG2359
     持ち手を下げていると、ゴムが溶けたり、焦げ付くので要注意!

      
   ③ お鍋をお持ちの熱源(今回はカセットコンロ)にのせて火にかけます。

     RIMG2360
     
     火加減はお鍋から火がはみ出さない程度
     カセットコンロではちょうど中火でした。

   ④ しばらくするとこんな感じ↓

     RIMG2361

     にフツフツしてくるので、このフツフツが止まるまで加熱し続けます。
     そして湯気が少なくなったら火を止めて10分蒸らしたら完成!


   ほら、こんなに美味しそうに炊き上がりました!! ↓

   RIMG2363

   RIMG2364

   もっと詳しい使い方は↓コールマンさんからの動画をどうぞ♪
   



さて、使ってみての率直な感想は、

   本当に簡単&便利
   ご飯におこげが出来てもお鍋に焦げ付くことがないので
   洗うのも楽チン♪



というのも、先日のCAMPで↓

   RIMG2406

   中華おこわを作ってみました。
   見ての通りおこげは出来たけれど、お鍋からツルットお米が剥がれてくれて
   全く焦げ付きなし!!     
   超美味しく出来上がりました。

             ちなみにその日のメニューは
             RIMG2409
             中華おこわ
             シューマイ
             スーランタンスープ
             と、全くCAMPらしからぬメニューでした。
             &蛾がめちゃくちゃ苦手な兄のために薄暗い中での夕食(汗)



アウトドアでも美味しいお米が食べたい方には絶対お勧めな商品です♪

   

    

    
 



アウトドア&スポーツ ナチュラム

アウトドア&スポーツ ナチュラム


   



コールマンのキッチンツールを買ってみました♪

日曜日の午前中・・・・
まだまだ続く↓

  アウトドア&スポーツ ナチュラム

が気になって、いつものように
フラフラと店内に入ってしまいました

昨年から小型軽量化を図ろうとしている我が家。
いつも炊飯のために持参している↓

  

に代わって、↓

  

を購入してみました。

  シャトルシェフは煮込み料理も熱々で楽しめるからとても重宝しているけれど、
  あまり熱々!にこだわる必要のない夏場のキャンプ。
  だったらと。

   我が家にある3ℓのシャトルシェフの外寸      31.5×27.5×19
   Coleman(コールマン) アルミライスクッカー   φ19×18(h)cm

  家で使用するものならばたかが直径10cm程度の違いならば・・
  と思ってしまうけれど、小さな車でキャンプを続ける我が家にとっては
  この10cmが大きな差を生みます。


そしてついで!& 朝食を手軽に♪とおもって↓

  
  Coleman(コールマン) ホットサンドイッチクッカー

も買ってしまいました。
挟んで焼くだけであれば、フライパンを出して、
トースターを出して・・・・という準備の手間が省ける上、
ペーパーに包んで食べさせてしまえば食器の数も減らせます。
やはり撤収の必要がある最終日のキャンプには強い見方になってくれそう♪

今回の購入で↓

  
  スノーピーク(snow peak) ホットサンドクッカートラメジーノ

とすごく悩みましたが、購入の1番の決め手は作るときのパンのサイズ

スノーピーク(snow peak) ホットサンドクッカートラメジーノ・・・サンドイッチ用パン2枚×2セット

Coleman(コールマン) ホットサンドイッチクッカー      食パン6枚切り2枚×1セット

どこでも問題なく手にはいるのは食パン!
   (近所であればサンドイッチ用のパンもいつでも手に入るけれど、
    キャンプ場近くの小さなお店などでは・・・・が多いので。)
6枚切りは少しガッツリ過ぎるので、我が家では8枚切りで具材たっぷりにして
作りたいと思っています♪

ついでに、ライスクッカーについても・・・

   
   ユニフレーム(UNIFLAME) fanライスクッカーDX

と悩んだものの、
コールマンさんのものは、炊飯中の火力調節が一切不要♪
その上ザルなどもスタッキングされているのが魅力。
  (このザル・・・上手く使えば蒸し器代わりにもなりますよ♪)

また、鍋の形状もユニフレームさんに比べ、丸く素材もテフロン?のような感じ。
炊飯の楽さ、洗い易さ、小さな気配り、その上価格どれもコールマンさんの勝利してしまいました。

ただ、私としては見た目度だけは
    
の方が好きです~!!
   



日曜日のお昼くらいに注文して月曜日のお昼には商品到着させてくれた↓

 アウトドア&スポーツ ナチュラム

週末のキャンプにもまだまだ間に合いますよ♪
&上記2点の使用感はまた後日!






GENTOS(ジェントス) ヘッドウォーズ HW-888H

今日も大きな地震がありましたね。
こちらは揺れなかったものの、
日光のほうでは未だに余震が続くようで・・・・。

箱根でも体に感じない地震がすごく増えているようなので
他人事に思えない地震です。

そしてこんな不測の事態への備えとしての
必須アイテムの一つ
のヘッドライト!

光の強さと、便利さ?で一番のお勧めが↓

   892_1
   GENTOS(ジェントス) ヘッドウォーズ HW-888H ブラック


我が家では不測の事態はモチロンですが、
キャンプ時にそれぞれが一つづつ所持できるように↓
 
   RIMG1710

のほか幾つかあります。

その中でもお勧めなのがGENTOS(ジェントス) ヘッドウォーズ HW-888H ブラック(大きい方)です。

というのも、暗闇でのこの光の強さ、

   RIMG1728

画像だけでは分かりずらいですが、
真っ暗闇でも足元やその周辺をしっかりと
照らしてくれて安心して歩くことができます。

   SH3E0250

また、ライトの後ろ側にも存在を示すための
赤いライトをON・OFF・点滅させることができるので、
電力の消費を最小限にしつつ存在を示せるように思います。

それに比べもう一つの↓

パナソニック(Panasonic) LED防滴ネックライト ブラック

    ↑これはこれで、便利なんです。
    というのも、女性にとってヘッドライトって・・・・抵抗ありません?!
    確かに両手が使えてとても便利だけれど、
    どうも見た目が好きになれなくて。
    それに比べ上のものは首からかけるものなので、
    なんとなく良いかな?!と。ただ、明るさは・・・・↓

   RIMG1727

ぼんやり・・・です。
首に下げて、夜トイレに行くときなども、
本当にぼんやり。
私は視力が良い方なので気になりませんが、
視力が良くない方にはちょっと厳しい・・・というか、
危ないです。

一応3段階の光量調節はできますが、
一番弱い光で十分・・・というところ=ライトは必要ない!
ように思います。


ただキャンプでは補助としてのライト。
不測の事態・・・の場合は命を守る大切な装備。
やはり1台はあると良いのでは??と思えるライトです。
もし、防災用品の見直しが未だな方・・・
↓チェックしてみてください。
   
   防災用品!と思うともったいなくて買いしぶるけれど、
   レジャーでも使えるもの♪から選べば結構ポチっとできる?!

アウトドア&スポーツ ナチュラム


アルミロールスノコ

この寒いのにコタツ持参キャンプに行ってきました♪
行った先はスタッドレスの必要のない千葉。
     (モチロン釣り有りのパパチョイス)

   RIMG1700

   キャンプ場に関してはまた後日♪

このキャンプで便利だったのはコタツ!!というのは言うまでもないですが、
このスノコが便利!↓

   RIMG1705
    (何度も使っている上、制限体重オーバーのパパが乗っているのでベッコリ
     いっちゃってますが)

パタパタと屏風状に折りたたんで、ベルトでとめてしまえば↓

   RIMG1704

小さく収納ができちゃいます。

で、何が便利かといいますと、
今の時期の芝サイト。
フカフカなのに変わりはありませんが、

   RIMG1713

芝は休眠中?!↑靴下で足を着いてしまえばたちまち芝だらけ
大人なら片足ポーズも楽ですが、子供達はまだまだ不安定なので、
スノコがあるだけでかなり違います。

その他、砂などが多いサイトでも一緒です。


我が家はCAMPスタート当初にナチュラムさんの自社ブランドハイランダー製品を購入しましたが、
現在はハイランダーでは出していないようです。

ですが心配後無用♪
本家のコールマンさんの↓

   

が販売されています。
価格もほとんど変わらなかったような?


まもなくキャンプシーズンがスタートしますが、
その準備としていかがですか?


ロールスノコのここが便利♪

   ★ 出入り口のワンクッション。見た目にも歴然。

   ★ 芝生や砂などがテント内に入りにくくなります。

   ★ 虫の多い季節もスノコの上で靴を脱いでからテントに入れば出入りが   
     短時間で済み、虫の侵入を最小限にできます。


  
   



冬キャンプ♪
想像以上に楽しかったので、是非お勧め。
この冬は無理でも来年のために↓驚き価格のSALEなのでお見逃しなく!!
アウトドア&スポーツ ナチュラム


こちらもお見逃しなく♪

クロックス オンラインショップ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。