スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダポークを使って簡単・節約レシピ♪

この数日間が山場な我が家♪

国産豚肉よりもお安い上に
高たんぱく・低脂肪・低カロリー!!
3拍子4拍子そろった庶民&生活習慣病の我が家の強い味方的な
カナダポークを使って節約レシピ???(レシピというほどのものではないのが実情)
をご紹介

     RIMG0429(1)   
   ちなみにカナダポークの品質に関しては
   詳しくは  →  カナダポークの詳細 
   を参考にしてください。

   そして取扱店は結構あちこち。
   激安スーパー系でも取り扱っているので  →  取扱い店舗
   う~ん、本当に庶民の味方です♪     


早速ですが・・・・


ホットプレートで片付けも楽チンな蒸し豚♪

     RIMG0432(1)


材   料

 豚ばら肉     300g
 もやし       2袋
 にんじん     50g

 大葉        10枚

つけダレA 
 なめたけ     1瓶(120g)
 なめこ       1パック
 大根おろし    100g
 醤油        大さじ1

つけダレB
 ポン酢      適量       
 青ねぎ      適量

つけダレC
 マヨネーズ     大さじ2
 ケチャップ     大さじ1
 ソース        大さじ1
 練乳         小さじ1


作 り 方


 ①  豚肉は10センチくらいの長さに切る。
    にんじんは5センチくらいの細切りに、モヤシは流水で洗っておく。
    大葉は洗って半分の大きさに切る。

 ②  ホットプレートに水気を切ったモヤシ・にんじんを敷き詰める。
  
 ③  ②の上にばら肉と大葉を上の画像のように重ならないように並べる。

 ④  ホットプレートの蓋をし、温度220度で加熱スタート。

 ⑤  蒸気が周りから出てきたら保温にして5分加熱し出来上がり。

その間にソース作りです。

 つけダレA
 RIMG0435(1)

 なめこはさっと熱湯で茹で(30秒くらい)
 色が変わらないうちにざるにあげる。
 大根おろしは軽く水を切り、なめこ・なめたけと合わせ、
 醤油大さじ1で味を調えて完成。

 つけダレB
 RIMG0436(1)
 材料を合わせて完成
 もみじおろしや、ごま油&ごま&テンメンジャン を加えても美味しいです。

 つけダレC 
 RIMG0438(2)

 材料を合わせて完成
 子供達にはこれが一番食べやすかったみたいです。


私のおすすめはつけダレA!
チキンステーキに乗せても美味しいですよ♪


そうそう、カナダポークのお味。
低脂肪・低カロリーときたらパサついているお肉?!
と思いきや、良い感じ♪
そりゃ、国産の牛肉と変わらないような価格で売られている
豚肉に比べればトロッとした感じは少なくなりますが、
私としては
脂身の甘みもしっかりしていました♪

一度試してみてください♪   




ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログさんのモニターに参加しています。

スポンサーサイト

節電?時短? 活力鍋でローストポーク

相変わらず続くパパのなんとなくタニタ生活。
極力油分の摂取を減らすために
オーブンやグリルでの調理が多いです。

そして昨日作ってみたのが↓

     RIMG0467

     ローストポークです。
     中は柔らかく表面はしっかり焼き色♪
     かなりジューシーに出来上がったし
     家族の評判は◎。

     その作り方は・・・・


ローストポーク

 材  料

   豚肩ロースかたまり      約450グラム
   
  A
   塩・こしょう     適宜
   おろしニンニク   大さじ1
   醤油         小さじ1

   玉ねぎ     2分の1個(ざく切り) 

  B
   酒          大さじ1
   みりん       大さじ2 
   醤油        大さじ2
   粒マスタード   大さじ1
   はちみつ     小さじ1
   バター       10g

   油         大さじ1

準   備
 
  豚肉をタコ糸で崩れないように縛っておく。

作 り 方

 ① 豚肉にAをよく擦り込んで20分くらい寝かせておく

 ② フライパンに油を熱し、①のお肉の表面をしっかり焼き
   玉ねぎを敷いたアルミホイルに巻いておく。

 ③ 活力鍋に1~2カップの水を注ぎ、蒸し皿を載せ、
   その上に②のお肉を乗せて蓋をして、
   強火で加圧し始める。

 ④ 重りが揺れるようになったら、少し火を弱めながら
   7分加圧する。

 ⑤ その後フタをあけるまで15分くらい放置してから
   お鍋のふたを取りる。
 
 ⑥ アルミ箔の中に溜まった肉汁をこぼさないようにフライパンに空け、
   Bと共に火にかけて一煮立ちさせ、お好みで塩コショウを加える。
    (ホイルの中の玉ねぎもみじん切りにして加えてもOK!)

 ⑦ 鍋から取り出したお肉はお好みの厚さにスライスして
   再度アルミ箔の上に並べ、表面をさっとあぶるために
   魚焼きグリル又はオーブントースターで3~4分焼いて完成。

 
  お皿に盛り付けたら、熱々をタレと一緒に召し上がれ♪ 
 

圧力鍋で加圧したおかげで、
お肉はジューシー&柔らか。
そして仕上げにグリルで焼いているので
表面もパリ?っとしていて美味しいです♪


ちなみに私はこの蒸し皿↓を使いました。

     RIMG0470

     ↑やっぱりこれは色々なお鍋に対応できるので便利♪
     



                         ↑お時間ありましたら、
                          ポチっとお願いします(^^ゞ


活力鍋で角煮を作ったら・・・♪

このところシャトルシェフに追いつかんばかりの頻度で活躍する
活力鍋。

今度は角煮を作ってみました。

        IMGA0412

今までも何度も作った事のあった角煮。
今回活力鍋の違いを感じました!
     (普通の圧力鍋も同じなのかもしれないけれど・・・・)
というのは、シャトルシェフで角煮を作っても確かに柔らかくなるし、
味もしみて美味しいです。
ただ、シャトルシェフの場合いくら煮崩れがしにくい・・・・といわれていても、
柔らかく味がしみこむまで保温調理器の中に入り続けるので、
     (私の場合何度か加熱保温を繰り返します)
出来上がる頃にはお箸で持つと煮崩れ寸前??見たいな感じ。
大きなスプーンなどで盛り付ければ良いのでしょうが、
面倒でお玉などを使った日には、角が崩れたり・・・は当たり前。

それに比べ、活力鍋。
柔らかくなっているけれど、荷崩れは無縁?!

やはり短時間(今回は加圧20分)なので煮崩れないのかも。

そして驚くほどの違いが、
最初に行う下茹で。
シャトルシェフでも下ゆでをするけれど、
その下湯でしたお湯の中に溶け出す脂の量が違う??と思ってしまいました。

普段した湯でしたお肉を味付けしてからお鍋や器に放置すると
スープの表面は凄まじいラードで覆われます。
それが、今回は・・・・。

ラード少なっ!!

お湯を交換したのはいつもと一緒で1回のみ。
それでもこの差が出るのは、圧力の違い????

私は料理に関して詳しく勉強をしたことがないので
軽はずみなことはいえないけれど、
何かが違う?!と思ってしまいました。

一応・・・・私の記録のために↓失礼します。


豚の角煮

        IMGA0413


材   料

  豚バラ塊肉       600g

  下茹でようの水      400CC
  下茹でようの酒      100CC

  醤油            大さじ3
  砂糖            大さじ2
  みりん           大さじ2
  酒             100CC
  水             200CC
  

作 り 方

  ① 活力鍋に下茹でようの水・酒・お肉を入れて錘が揺れだしてから弱火で加圧20分。
           (付属のほんの通り加圧→余熱料理してください)

  ② 下茹でができたらお肉とスープ(茹で汁)に分けてください。

  ③ お肉はお好みの大きさに切り、煮汁と共にお鍋に戻して弱火でじっくり味をしみこませてください。
            (↑の作業は私はシャトルシェフを使います)

  ④ お好みの味になったら完成♪
      

  ※ 煮卵は固ゆででよければ、3でゆで卵を投入して味をしみこませても良いし、
    半熟がよければ完成して荒熱が取れた煮汁の中に入れてもGOOD



                         ↑継続への励みになります!!
                         どうかポチっとお願いします(^^ゞ

       


小豆島醤油でこんがぁ~り♪TVで紹介!手造り直火焼豚ちゃん食べくらべモニター

ラッキョの漬け汁を使って子供が喜ぶ冷食の様な肉団子♪

やっとできた(←遅すぎ??)
冷凍食品の肉団子のような肉団子。
わかってもらえます??甘酢アンなんだけれど、お酢の酸味が少なくて・・・。
私はどうもこのタレを作るのが苦手で毎度指摘されていたものの、
今回やっと合格点をもらえました

それが

肉団子の甘酢アン

        P1100247


 材   料(4人分)

 肉団子
  豚挽き肉   350g
  卵       1個
  パン粉    2分の1カップ
  玉ねぎ    2分の1個(みじん切り)
  塩・こしょう  少々

 タレ
  砂糖       大さじ3
  醤油       大さじ3
  酒        大さじ1
  ケチャップ    大さじ2
  水        1カップ
  ラッキョの汁   100CC
 
  水溶き片栗粉  適量  (今回は片栗粉大さじ3+水大さじ2)

  ごま油     小さじ2分の1


 作 り 方

  ① 肉団子を作る。
    ボールに材料を全て入れて、好みの大きさに丸め、170度くらいの油で
    揚げる。(フライパンに1~2cmの油を入れてコロコロ転がしながらでOK)

  ② タレを作る
    ①で使ったフライパンの油をふき取り片栗粉&ごま油以外の材料を全て入れて
    一煮立ちさせる。
 
  ③ 油を切った①を②のフライパンに入れ、タレを絡ませたら火を消して
     水溶き片栗粉を入れる。簡単に混ぜて再び火をつけて一煮立ちしたら完成。


  ※ ラッキョの漬け汁のまろやかな酸味&甘さが甘酢アンにはちょうど良かったようです
 
     これからはラッキョの漬け汁・・・余ったら冷凍しておきましょう




                         ↑継続への励みになります!!
                         どうかポチっとお願いします(^^ゞ



簡単ふわトロ スペアリブ♪

作ってみたかったスペアリブ・・・・
     (以前にも作ったものの、オーブンのみで仕上げるものなので
      少し?固め。
      子供達からは大ブーイングでした。)

なので、今回は下茹でしてからチャレンジ&大成功でした。

        P1100231

        画像で美味しさが伝わらないのが残念
        綺麗にとりたかったものの、食事中の突然の雨でそれど頃ではありませんでした 


スペアリブ

材  料

  豚の骨付きスペアリブ用肉       約1㎏

 調味料

  しょう油              大4
  トマトケチャップ           大4
  赤ワイン              大2
  ははちみつ             大2
  トンカツソース           大1(ウスターソースでもOK)
  にんにく(チューブ)         約2cm(みじん切り1かけ分でもOK)
  しょうが(チューブ)         約2cm(同上)   
  長ネギみじん切り          10cm
  黒こしょう             10粒くらい(小さじ4分の1くらい振り入れてもOK)
  オレンジマーマレード        大さじ1


作 り 方

 ① 豚肉はさっと洗いたっぷりと沸騰したお湯で1時間半~2時間ゆでる。

 ② ゆでたものをバットなどにあげ、水気を切る。
      P1100164

 ③ ジップロックに調味料全て&②を入れて密閉して半日以上寝かせる。
      P1100165

 ④ 炭火またはフライパンで焼いたら完成

     
     今回はキャンプにもって行くので、③の状態で冷凍してから持って行き、
     炭火で焼きました。
     
     調味料を倍量くらいで漬け込み、
     残った漬けダレを刷毛で塗りながら焼いても美味しいです。

     ご家庭のフライパンで焼くときは、熱したフライパンにほんの少量の油をぬってから
     スペアリブを焼き、お好みで、漬けダレではなくお醤油を回しかけても美味しいです。

     下茹でしてあるので、中まで温まり表面が焼ければOKです!!

キャンプやBBQにもって行けば、現地では焼くだけなので簡単
家庭では、ちょっとした記念日やお客様のときに出せば豪華に見せられるので
お勧めです


  

                         ↑継続への励みになります!!
                         どうかポチっとお願いします(^^ゞ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。