スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた磯遊び♪ 水遊びにライフジャケットは必須!!

3週連続車中泊釣り♪
子供達も楽しんでいるんだから!!
と付き合い続けたものの、アラフォー母にはキツカッタ

さすがに昨日は思うように片づけがはかどらず、
周りで騒ぎ続ける子供達を横目に
1人で1日かけてお片づけ
学校や幼稚園がいかに大切か・・・身を持って体感しました

さてさて、今回行った先は千葉県の勝浦方面のとある海岸。
海がめの保護区域でもあるので詳しい地名は・・・ごめんなさい。
興味ある方は色々検索してみてください。

前回行った頃は↓

   RIMG1847

メチャメチャ透明度も高く貝の採取などに最適の海岸だったものの、
今回は↓
 
   RIMG2302

   RIMG2301

透明度は高いものの、岩場やテトラ周辺は全て藻や海草に覆われて
貝殻の採取は不可。
でも、小さなヒラメやハゼ、タナゴさんたちやメジナ等の泳ぐ姿を
実際に見られました。

栄養が豊富で、海の生物にとってとても住みやすい海岸ということなんでしょうね。


こんな素敵な海でちょっとした事件が・・・・

それは、海ではいつ起こっても仕方が無い事故。

パパと磯遊びをしていたお兄ちゃん・・・・。
そこは水深50cmも無かったはずなのに、
次ぎの一歩で一気に水深2メートル近く。

パパもまさか?!

な場所だったようで少しあせっていましたが、
もっとあせったのはお兄ちゃん。

自分が泳げることも忘れて軽いパニック。
1回は冷静に海底を蹴って呼吸するために上がってきましたが、
彼にとって2メートルはやはり深すぎました。
かろうじて呼吸は出来たけれど・・・・。
パパが体を支えるまでのほんの1分程度でしたが、
彼の恐怖が顔に出ていました。

そばで見ていた私は

こうやって事故は起こるのか~・・・・

と変に冷静に見てしまいました。
その後お兄ちゃんに聞いてみたら、

自分が泳げることもすっかり忘れていたし、
メチャメチャ怖かった!!


と。
幸いトラウマに!!と言う感じではなく、
良い意味で肝を冷した程度で済んだので結果オーライということで
全てが一件落着。

   しかし海からあがるとパパの足からは流血&打撲で内出血。
   お兄ちゃんを捕まえるときに岩に足をぶつけたそうです。


この経験をしてしまった我が家。
即購入したのが↓

   RIMG2327
   お兄ちゃんとオチビの分。
   
基本は釣りで使うことがほとんどなので釣り仕様のライフジャケット。
だから前面は↓

   RIMG2328

もしもの時のホイッスルは勿論だけど、
大量のポケット群。
そして背中にも↓

   RIMG2329

どれもこんな感じの防水ファスナー↓

   RIMG2330

お兄ちゃんのポケットには釣具を沢山入れることはないけれど、
これで安心してお菓子を持ち運べる♪
&磯遊びに強い見方!!

と喜んでいました。


我が家は笑い話で済んだけれど、
やはり夏になると無くなることのない水の事故。
この夏水辺での遊びを計画されている方!!
親の役目としてライフジャケット!!
購入してあげてください。



私がいつもお世話になっているナチュラムさんを覗いたら
ちびっ子にはピッタリの↓

  

 腕をはめ込むタイプなので、水の衝撃で外れることも少ないと思います。

少し大きくなった子供には↓

 

 色が・・・・と思うかもしれないけれど、
 海などではやはり目立つ色!!
 もしもの時には役立ちます。


他にも本格的なものは沢山ありますが、
とりあえず
8月9日18時まで完全送料無料!!継続中なので
よろしかったら↓

   アウトドア&スポーツ ナチュラム

覗いてみて下さい。
ただ、ライフジャケットは規定の浮力を確保するには
2~3年に1度の買い替えを推奨されているので、
あまり高価なものよりも、手ごろのもので買い替えの方がいいのかな?!



ついでに↓

 アウトドア&スポーツ ナチュラム

 アウトドア&スポーツ ナチュラム

 アウトドア&スポーツ ナチュラム

もどうぞ♪



  




 


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。