スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷ご飯でベーグル

すっかり冷ご飯食パンにはまった私。
朝から焼いてみました↓
冷ご飯ベーグル

     今朝はこのために4時半に起き。
     もちろん今回もHBの力を借りて
     コネコネ・・・

     なので、私の苦労と言ったら早起き程度。

     ですが、冬のこの時期早起きはつらいです~。
     お布団の誘惑に勝てなくて・・・・。


一応
 材 料は・・・

 強 力 粉     200グラム
 薄 力 粉     100グラム
 砂   糖     15グラム
   塩       5グラム
 オリーブオイル   大さじ1


 冷 ご 飯     100グラム
   水       160グラム
 
 ドライイースト   小さじ2


※ Aは耐熱容器に入れて爪楊枝で2~3箇所穴を開け、
  600Wのレンジで1分半×2回をふやかして冷ましておきます。


作 り 方

 ① 上記の材料をHBに投入して生地を作り1次発酵させます。

 ② ①が終了したらキャンパス地等の上で8等分して
   きれいに丸めて10分ベンチタイム。
   そのごもういとど丸めなおして、再度5分のベンチタイム。
         ↑各段階で写真を撮りたかったものの、余力なし
       これだけになってしまいました。
 
 ③ ベンチタイムが終了したら②中央に思い切って人差し指を差し、
   ドーナツのように穴を開け、
   徐々に両手の人差し指を使ってくるくるしながら穴を広げます。
    このとき生地が手につくようなら、指に強力粉(分量外)をつけて
    行ってください。

 ④ フライパンに熱湯をはり、弱火にして
   ③を片側5秒づつ丁寧にゆでます。(1度に4個くらいづつ)

 ⑤ オーブンペーパーをしいた天板に並べて
   210度で17分くらい焼いてください。


  ※オーブンは各家庭で余熱時間が違うと思うので、
   適当に温めはじめてください。


ついでに失敗例・・・・

電気オーブンの我が家。
何度も焼くのが面倒で、2段にして焼いてみると、
やはり下段の上火は弱くなり↓
表面が割れてしまいました
ベーグルのような強火で一気に焼き上げるパンは
2次発酵の段階で、2回分に分け、温度差を利用して
発酵終了時間を変えたほうが良さそう(って当たり前?)


表面に問題あるものの、味のほうは・・・
ただでさえもっちりしたベーグル。
どうなるのかな~??と思っていたら。

ベーグルの中の硬さっていうのかな、
ギュッとした感じ。
あれが少し軽いと言うか、ふんわり。
柔らかで伸びが良い感じでした。

表面もサクッとしているので、
ほんの少しの手間?だったら冷ご飯のベーグルの方が好きです。


この冷ご飯パン。
水の代わりに入れるだけなので、本当にいろいろなものにアレンジがききそうです。
次は何を作ろうか・・・今から楽しみですが、
根っからのパン党は私と息子だけ。

消費が追いつかなくなりそうです







             お帰り際に愛の手!お手数でも↓お願いします(^_-)-☆





スポンサーサイト
コメント

初めまして。

こんにちは。
コメント&子育てスタイルの足跡ありがとうございます^^

ベーグルのために4時半起き、すごいですー。
夜型で寝るのが遅いので、まだ暗い時には起きたくない私(^^;

ベーグルはご飯が入っているんですね!
もっちりしているのかな?
とっても美味しそうです( ´艸`)

多分うちも同じようなオーブンです~。
2段で焼けるけど、焼きむらが酷過ぎるので、
常にターンテーブルだけで焼いてます・・・。
年季が入った10年物、そろそろ寿命を迎えると思われます(≧▽≦)

No title

べーグル焼いてみたいのですが、ひと手間が面倒で先延ばしです。
でも、みていたら焼きたくなっちゃいました。
ご飯も入れたんですね。
すごいアイディアです!!

ポチ★

cloverさんへ

こちらこそわざわざありがとうございますv-356

電気オーブン・・やはり温度が低くなりがちなのと、
2段で使うのには無理があるようで・・・困りますよね。
しかし、我が家オール電化でガス管すら引き込んでいないので
いまさらガスオーブンは×。
あきらめて、電気オーブンにがんばってもらいます!

これからも細々続けますのでよろしくお願いします。

お天気ママさんへ

良いアイデアを教えていただいたのはこちらです!!
冷ご飯パン。
今では虜です!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。