スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活力鍋で角煮を作ったら・・・♪

このところシャトルシェフに追いつかんばかりの頻度で活躍する
活力鍋。

今度は角煮を作ってみました。

        IMGA0412

今までも何度も作った事のあった角煮。
今回活力鍋の違いを感じました!
     (普通の圧力鍋も同じなのかもしれないけれど・・・・)
というのは、シャトルシェフで角煮を作っても確かに柔らかくなるし、
味もしみて美味しいです。
ただ、シャトルシェフの場合いくら煮崩れがしにくい・・・・といわれていても、
柔らかく味がしみこむまで保温調理器の中に入り続けるので、
     (私の場合何度か加熱保温を繰り返します)
出来上がる頃にはお箸で持つと煮崩れ寸前??見たいな感じ。
大きなスプーンなどで盛り付ければ良いのでしょうが、
面倒でお玉などを使った日には、角が崩れたり・・・は当たり前。

それに比べ、活力鍋。
柔らかくなっているけれど、荷崩れは無縁?!

やはり短時間(今回は加圧20分)なので煮崩れないのかも。

そして驚くほどの違いが、
最初に行う下茹で。
シャトルシェフでも下ゆでをするけれど、
その下湯でしたお湯の中に溶け出す脂の量が違う??と思ってしまいました。

普段した湯でしたお肉を味付けしてからお鍋や器に放置すると
スープの表面は凄まじいラードで覆われます。
それが、今回は・・・・。

ラード少なっ!!

お湯を交換したのはいつもと一緒で1回のみ。
それでもこの差が出るのは、圧力の違い????

私は料理に関して詳しく勉強をしたことがないので
軽はずみなことはいえないけれど、
何かが違う?!と思ってしまいました。

一応・・・・私の記録のために↓失礼します。


豚の角煮

        IMGA0413


材   料

  豚バラ塊肉       600g

  下茹でようの水      400CC
  下茹でようの酒      100CC

  醤油            大さじ3
  砂糖            大さじ2
  みりん           大さじ2
  酒             100CC
  水             200CC
  

作 り 方

  ① 活力鍋に下茹でようの水・酒・お肉を入れて錘が揺れだしてから弱火で加圧20分。
           (付属のほんの通り加圧→余熱料理してください)

  ② 下茹でができたらお肉とスープ(茹で汁)に分けてください。

  ③ お肉はお好みの大きさに切り、煮汁と共にお鍋に戻して弱火でじっくり味をしみこませてください。
            (↑の作業は私はシャトルシェフを使います)

  ④ お好みの味になったら完成♪
      

  ※ 煮卵は固ゆででよければ、3でゆで卵を投入して味をしみこませても良いし、
    半熟がよければ完成して荒熱が取れた煮汁の中に入れてもGOOD



                         ↑継続への励みになります!!
                         どうかポチっとお願いします(^^ゞ

       


小豆島醤油でこんがぁ~り♪TVで紹介!手造り直火焼豚ちゃん食べくらべモニター

スポンサーサイト
コメント

No title

角煮が食べたくなりましたi-179
活力鍋、いいですね~
うちも欲しいです。


おいしそうね~

活力鍋ってどんな感じなんでしょ?
でもおいしそうな出来栄え!

あとシャトルシェフつかった蒸し料理って
どんなふうにするの?ぜひ教えてください!

No title

わぁ~♪
とろとろ角煮!
おいしそ~
我が家はもっぱら圧力鍋ですが^^;
今度このレシピで作らせていただきます!

yotsubamamaへ

圧力鍋はすごいですね♪
小さな頃に母が使っていたのは記憶しているけれど、
実際に自分で使うと、メチャ実感♪の日々です。

そらまめママへ

活力鍋・・・普通の圧力鍋よりも圧が強いみたいで、
加圧時間が短いらしいです♪
    (買っておきながらイマイチ理解しきれていないけれど・・汗)

シャトルシェフで蒸すときは、
お鍋に2センチくらい水を入れて、その上に蒸し網って言うのかな??
スーパーでおなべの大きさに合わせて広がったり小さくなったりするやつ・・
を敷いて蒸しています。
    (時間はかなりいい加減で、湯気が出てから肉まんなら1分くらいで保温器に投入しちゃってます)

hiiio*さんへ

活力鍋・・・便利ですね♪
私はかなり迷って活力鍋を買いましたが、
長く使えそうだし、大満足の調理器具♪
お勧めです~!!!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。