スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーデニング・家庭菜園のお供 HB101

ちょっと元気がなくなってきたけれど、
3週間ちょっと前に作ったアレンジメントです。

  RIMG0387

        ユリの花などはすでに咲ききってしまっていますが、
        まだまだ新しいつぼみたちが元気に育っています。

このお花を長持ちさせてくれるのが

        RIMG0384

        HB101

CMなどでも放送されているし、
園芸雑誌でもどこかしらで大きな広告が出ているので
目にした事はあるのでは??

価格的にちょっと高めな気がして今まで使用していなかったものの、
お花の液肥として使用したり、
家庭菜園では種をこのHB101に漬けてから植えることで
収穫量も変わってくる
ということなので購入してみました。

試しに家庭菜園にはちょっと早いので、
家にあったテーブルフラワーに使ってみました。

すると・・・・

        RIMG0381

        RIMG0383

        普段ならばツボミのまま花開くことのない菊や
        硬く閉じたバラの小さなツボミまでが切花になっても成長し続け
        咲き始めています♪


そして3週間以上が過ぎてもこの元気!
かなり驚きです。



今回の使用方法としては
    
お花を作った初日にHB101を2~3滴いれた
お水をたっぷりオアシスに含ませてあげ、
その後はオアシスの乾き方を見ながら通常通り
オアシスに水を吸わせます。
   (切花には決してお水をかけないで下さい!
    お花が痛むそうです。)
そして10日に1回くらいHB101を数滴入れたお水を
オアシスに入れてあげるだけです。


それだけで驚くほどお花の持ちが変わるので
ちょっと高いけれど、試す甲斐ありだと思います。
また、苗を種から育てる方はそろそろスタートしてる??
と思うので、今年こそは家庭菜園を頑張りたい!!
と言う方にもお勧め。




 

  100ml   2300円

       ちょっと高価に思えるけれど、
       使うときは1000倍に薄めるし、
       テーブルフラワーなどではほんの数滴なので 
       コスパとしては悪くないです。
       また小さな容器なので収納場所にも困りません♪




                         ↑お時間ありましたら、
                          ポチっとお願いします(^^ゞ


   
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。