FC2ブログ

ウミタナゴの煮付け

この週末も飽きずに釣りへとイソイソと出かけていったパパ。

     ちなみに子供達は3週連続週末ダウン
     平日の運動会の練習&幼稚園後の遊びすぎがたたっているのでしょう
     お兄ちゃんはかなりパパのお供をしたそうだったものの、
     前日の夜には頭痛と嘔吐で救急のお世話になったので
     もちろん外出禁止です。

パパへは私から

     アジ・サバ・イワシ以外の魚は受け付けません!!!

と言っておいたのに、
持ち帰ったのは、

        P1100591

        ウミタナゴ

        せっかくだから何か作ってよ~!!
        とパパは言うものの、初対面のお魚さん 
        大きさからしても、焼き魚やお刺身は不可能。
        から揚げにすればいいのでしょうが、それも面倒なので
        煮付けてしまいました。


 ウミタナゴの煮付け

        P1100592


 材   料

   ウミタナゴ

   醤油     大さじ2
   酒      大さじ6
   みりん    大さじ2

   長ネギ(青い部分)   2本分(5cmくらいに切る)

 作 り 方

  ① ウミタナゴはウロコと内臓を取り流水でよく洗い
     魚に切込みを入れておく。
 
  ② 調味料を鍋に入れ、一煮立ちしたら①と長ネギを投入。
    再沸騰したら落し蓋をして弱火で3分。
    蓋をしてそのまま蒸して冷めるまで味をしみこませる。

  ③ 食べる直前に少し温めなおして完成。


圧力鍋があったら、こんな小さな魚のにつけ・・・
骨まで食べれて良いのにな~

欲しかった圧力鍋・・・使用頻度と価格から何度も断念しているけれど、
またしても私の圧力鍋ほしい熱再沸騰しそうです



                         ↑継続への励みになります!!
                         どうかポチっとお願いします(^^ゞ


アンチョビを作ろう♪

先日の釣りでGETしたカタクチイワシたち
あまりの量にどう処理しようか???と迷っていると
釣りを教えてくれたダイワのスタッフの方が

アンチョビがいいよ

と教えてくれました。
確かに
この季節、釣り上げた魚をその場で干している方もいましたが、
素人には鮮度上少し問題があるそうです。

      大人だけが口にするならともかく、
      我が家ではオチビもいるので、それはちょっとNG

なので・・・・

アンチョビ

        P1100473


材    料

  カタクチイワシ      ハラワタと頭をとり手で背開きにしたもの 300g

     塩          120g


作 り 方

 ①  新鮮なカタクチイワシを手で背開きにして、洗い、 
    キッチンペーパーの上に並べ水気を切っておきます。

 ②  きれいな容器に塩を大さじ1~2敷き詰め、上にイワシを並べます。
         こんな感じ↓
        P1100472

 ③  ミルフィーユやラザニアを作るように、塩→イワシ→塩→イワシ・・・と層を作り、
    一番上が塩で終わるように分量を調節しながら並べ蓋をして
    冷蔵庫の中で1月半~2ヶ月放置して完成だそうです。


ちなみに半日もすると水分が大量に出てきます。
この水分・・アンチョビが出来るころにはほぼナンプラーとなるそうです。

作るときの塩の量は

     お魚の重量の3割~5割を目安に入れると良い

そうです。


カタクチイワシ・・・・そのままお刺身でも美味しいし、
            つみれ汁、天ぷら、素揚げ、圧力釜があれば骨まで柔らかく煮ても美味しい♪
 
ここまでのビギナーズラックを楽しんでしまったパパ・・・・
昨夜とうとう竿など一式注文していました

お兄ちゃんの机を買わなくては・・・と言っている矢先の大きな出費。
家計をやりくりする主婦としては・・・・・・・・・・・・・・ 





                         ↑継続への励みになります!!
                         どうかポチっとお願いします(^^ゞ


       

まんてんダレでカジキの照り焼き風

先日モニターをさせていただいた、
まんてんダレ

焼肉で食べてみた時に何だか照り焼きにでもいけそうな雰囲気だったので、
カジキで作ってみました。

       P1090001

       ① カジキの切り身の水分をしっかりふき取ってから
         小麦粉をまぶします。

       ② 熱したフライパンに油を敷いて①を両面良く焼きます。
 
       ③ カジキに火が通ったらまんてんダレを回しかけ、
          仕上げにバターを10g入れ馴染ませて完成。
            (カジキ2枚に対してバター10グラムでした)



子供たちもパパも焼肉のタレで作った!!とは気づかずに
美味しいと食べていましたよ

お家にある方はお試しあれ





                お帰りついでに↓ご協力いただけると嬉しいです(^_^)v



モニター参加中!



白だしを使ってぶり大根

白だしを使ってプリ大根




材  料

 ぶり(あら)    500グラム位
 大根        1本

☆ しょうが(薄切り)  3枚
☆ 酒         0.5カップ
☆ 水         0.5カップ
☆ 白だし       大さじ1.5
☆ しょうゆ      大さじ3
☆ みりん       大さじ1 
☆ 砂糖        大さじ2
 

準   備

 ※ 大根は厚めに皮をむいて下ゆでする。(菜ばしがす~っと入る程度)
 ※ ぶりはざるなどに並べ熱湯を回しかけて臭み&余分な油を取り除きます

作 り 方

 ① 鍋に☆を全て入れて一煮立ちさせます。
   大根を並べて入れ、上から落し蓋のようにぶりを大根の上に並べてから
   落し蓋(なければホイルに穴を開けたものやリード等を代用してください)
   &鍋蓋をして沸騰するまでは強火。沸騰したら弱火に変えて煮込みます。

 ② 30分以上に込み大根に味がしみたら完成。
   (煮込み具合はお好みで♪)





               お帰りついでに↓ご協力いただけると嬉しいです(^_^)v





 
   

お手頃サンマを使って、サンマのつみれ汁

いわしのつみれが作りたい!!
と思いつつ買い物に行っても見当たらないイワシ。
(そりゃそうです・・時期が遅かった(~_~;))

そこで、今一番お安い魚といえばサンマ!
サンマでつみれにしました(^_-)-☆



材  料 (4人分?)

 サンマ    3尾
 しょうが汁  小さじ1
 酒      大さじ2分の1
 片栗粉    大さじ2分の1

 大 根    10センチ
 ごぼう    10センチ
 長ネギ    10センチ

 みつば    2分の1束~1束


 だし汁    900CC
 出し昆布   1枚

 醤 油    大さじ3
  酒     大さじ2
  

①  野菜を準備してください
   大根・・・5センチくらいの短冊切り
   ごぼう・・ささがき
   長ネギ・・斜めに薄くスライス
   三つ葉・・5センチくらいにカット

②  サンマを準備します 
   ハラワタと頭をとり、手開きで、中骨を取り除き、
   皮も剥いておきます。
   (どうせ、フードプロセッサーに入れてしまうので、
    身が崩れても気にしない(^^♪)
 
③  ②のサンマと生姜・片栗粉・酒大さじ2分の1を
   フープロに入れて、滑らかになるまでかくはんします  
          ↓なるまで

④  鍋に昆布と水を入れ、少し放置した後火にかけて、
   沸騰する寸前で、昆布を出し、鰹節を入れてだしをとるか、
   顆粒だし(小さじ1)を加えだし汁を作る。
  
   そこに、大根を入れ、少し柔らかくなるまで煮る。

⑤  大根が柔らかくなったら
   ③のつみれをスプーンでまるめながら
   フツフツと沸いている、お鍋に一つづつ入れます

⑥  つみれが煮えて全て浮いてきたら
   ごぼう・長ネギ・油揚げをいれます

⑦  Aの醤油と酒を加え、味を見てください。
   味が薄いと感じたら、塩やだしの素を少量づつ加えて
   整えてみてください。


我が家では
ひき肉は食べられないおチビさんでも、
食べてくれる頼もしいタンパク源。

そして、いつも子供中心の食卓で
疲れたパパの胃袋を少し休ませてくれる
落ち着いた味です。
(って、若者には不必要ですね(^_^;))



                お帰りついでに↓ご協力いただけると嬉しいです(^_^)v