FC2ブログ

冬キャンプの強い見方! 武井ストーブ(パープルストーブ)

少し前、我が家が釣りにはまる前・・・・

冬もキャンプに行こう!!!

と購入したのが↓

   RIMG1262

   武井バーナー 501Aセット

それから早1年以上我が家の収納庫にしまわれていました。

   と言うのも、購入したもののネットで色々調べると
   点火が難しい!!と言う意見が大多数。
   不器用夫婦にはなかなか使いこなせなさそうで
   使う期会がありませんでした。

けれど、先日のグリンヴィラ・・・天気予報を見る限り
街中?でも最低気温が一ケタ。
大抵が山の中にあるキャンプ場ではそれよりも気温が下がるのが当たり前。
って事で、やっとこさ~のデビューです。

さてさて、点火の画像・・・ごめんなさいありません。
けれど点火方法は

   ポンプで加圧 → プレヒート → 点火
    
と、いう順序で説明書どおりに行えば簡単!
ホワイトガソリンランタンを使用した事のある方にとっては
特に難しい!!と感じることも内容に思いました。


そしてその使用感!!

屋外の気温2.5度のスクリーンタープ内で↓
こんな感じに使用してみましたが、

   RIMG1237

スクリーンタープの1面をフルオープンにしていても
暖かい!!と言うのが感想です。

   タープを締め切って、使用したら間違いなく上着の必要がなくなります。
   ただ、その場合はこまめな換気を忘れないで下さい。
   お星様になってしまいます


燃料タンクの大きさによって

   
   武井バーナー 301Aセット

   
   武井バーナー 501Aセット

とありますが、私のお勧めは
501Aセット。
と言うのも、燃焼時間

   301A  →  5時間
   501A  →  10時間

1泊でも朝夕を暖かく過ごそう!!と思ったら燃焼時間10時間の方が
安心して使えますし、
使い始めに加圧(ポンピング)する時に圧力計がついていたほうが、
安心&失敗いらずです。


価格的に庶民にとってはかなりの勇気が必要な商品ですが、
冬でもあったか快適キャンプ&子供へと譲り渡せる?キャンプ用品として
いかがですか???

   
   ちなみに我が家ではこれが結婚10周年の記念品です♪






ダッチよりもスキレット♪・・・素人の私にはスキレットの方が使いやすかったです!

以前購入したダッチオーブン♪
もちろん今も健在ですよ。

けれど、今回の軽井沢にあわせて購入したのが、
ず~っと気になっていたスキレット。

   RIMG1005
   LODGE(ロッジ) LOGIC 8インチスキレットLODGE(ロッジ) LOGIC 8インチスキレットカバー

ダッチよりも省スペース!
それでいて、ダッチと同じ味を引き出してくれます!!


では、私が感じた利点から♪

スキレットならば高さ(深さ)がないので、
サイドからの熱源必要なし
下からの熱源&ちょっとだけ上からだけで↓

   RIMG1010
   

ほらこんな感じで、しっかり焼き色もつきます♪

     RIMG1012

     (ちなみにアップルパイです。)

もう一つ最大の利点が、
熱源が炭やまき・・といった素人にとっては火力調節の難しいものではなく、
シングルバーナー、ツーバーナー、カセットコンロにだって対応してくれちゃいます。

   (カセットコンロの場合は耐荷重や、コンロの大きさ、上火が落ちたとき・・等
      少し注意が必要そうですが・・・。)

夜はこのスキレットを使ってパエリア↓

   RIMG1029

を作ってみましたが、メチャウマ!!
シングルバーナーを使って、火加減◎で簡単に作れました♪
  (料理の味の決め手のひとつは絶対火加減!!)



ダッチは使いこなす自身はないし・・・とか、
ちょっと敷居が高い感じが・・・と思っている方にも、
スキレットならフライパン感覚で
使い慣れた熱源を使って調理できるのでお勧めです


また、汁物や、丸鶏、ローストビーフなどを調理するならば
ダッチオーブンの方が便利なのだろうけれど、
我が家のように、単体キャンプ&あまり豪華なキャンプ飯を作らない
家庭にはスキレットで充分でした。



我が家で買ったのは↓

   

 お米2合分のパエリア・・・楽勝で作れました。
    (多分3合分のパエリアくらいまでは対応してくれそうな容量。
     もち、お米だけならば4合いける?!)


迷ったときに少しでも参考になれば幸いです。



                         ↑お時間ありましたら、
                          ポチっとお願いします(^^ゞ
  


テント選びでちょっとアドバイス。

キャンプを始めて早2年。
   (たった2年の初心者ですが・・・・。)

最近痛感しているのが、

最初のテント選びをもっと真剣にしておけばよかった!!

ということです。
というのも、我が家は夫婦そろって、アウトドア初心者。
色々なスポーツ店やホームセンター系で販売されているテントといえば
ほぼ100%コールマン。

価格的にも、そしてメーカーの名前的にも誰でも馴染みのある名前で、
疑うことなく、コールマンのドーム型テントを購入しました。
        (もち、連結できるスクリーンタープもね。)

     こんな感じの↓
        

しかし、これが間違いの始まりだったような・・・・。

まず

第1  我が家の車が小さいということ。

第2  設営が慣れても面倒(特に風の強い日)

第3  とにかく風に弱い!!


コールマンのファミリーテント・・・・というのは
狭い空間&シェラフで眠ったことのない初心者にとっては
広さもしっかり確保されている上、、テントの中で歩き回ることも出来るくらいの高さ。
一見快適そう!!
と思いがちですが、
徐々に回数を重ね、子供達が自然になれ、
寝るとき以外はテントに入らなくなる・・・・となると
大きなテントは無用だということを実感しました。

それならば狭くとも設営・撤収が楽なテントの方がいいと思います♪

そして1番大きな問題は
第3番目にあげた風からの影響


キャンプをして気づきましたが、
テントやタープが雨に強いか・・・というよりも、
風に強い!!
ことの方がよっぽど重要!!と感じました。

だって、キャンプ場って高原であったり、山や海であったり、
とにかく風が吹きぬける場所が多いからです。

そしてその風に対してのコールマンの強度・・・・悲しいものです。
組み立てられたタープごと吹き飛ばされる場合もあるし、
ぐにゃ~っとつぶされたようになることも・・・・。

正直えっちらおっちら設営が終わった
テントやタープが風にやられたときのショックは・・・・。

ましてや、眠りについている深夜の風・・・・。
一度起こされると気になってそのまま朝を迎えることも


そんなこんなで一番お手軽&メジャーで風に強いのが↓

     

かな??
スノーピークのテントやグッツはコールマンに比べるとちょっとお高くて
悩むこともあるかもしれないけれど、
後悔はしないものだと思います。
特に、風の強い日にもびくともしないあの姿を見ると尚更です


    ちなみに他の商品はこちらから → アウトドア&スポーツ ナチュラム


また↓

  石井スポーツ → こちらのオリジナルブランド

  mont-bell → こちら


なども他社さんに比べると購入しやすいのでは???


見ているだけでかっこいい~!!と誰もを魅了したいのであれば、

   tentipi_selection_guide_full

     ↑テンティピ(←販売店さんにリンクしてます)はいかがですか??
キャンプ場で↓なシルエット・・・・みんなの注目間違いなしです♪
   tentipi_selection_guide_sami


他にも登山用のHILLBERGさんや
日本のメーカーさんの小川キャンパルさん。
調べ始めるとた~くさんありますよ♪

ただ上を見始めると、金額的にもかなり変わってきますので、
自分のお財布と相談しつつ・・・・・。
けれど風への強度ちょっと気にしてあげてください♪



                         ↑お時間ありましたら、
                          ポチっとお願いします(^^ゞ





キャンプはもちろんバーべQの必需品・・・・・火起こし器

明日あさっては寒さが戻る・・・
ということですが、徐々に春が近づいてきた~?!と
感じられる日差し

        ついで言うと、今日2月1日はちょっと早いけれど、GWのキャンプ場予約が
        あちこちでスタートする日


        やはり人気キャンプ場は早めの予約を入れておかないと
        満サイト・・・何てことも当たり前なので、要チェックですよ~!

そんなこんなでちょっとキャンプ気分が戻ってきたので、
我が家のような初心者キャンパーにとって便利だな~
と思えた品をご紹介
         (ご存知でしたらスルーでお願いします)


それがこちら↓。

        RIMG0284

先日の焼き芋のときにも役立った火起こし器

我が家は

  ゼリー状着火剤 → 固形着火剤 → トーチ → 火起こし器・・・・

と長い道のりを歩んできましたが、
きっとこの火起こし器が終着点のような気がします。

というのも、着火剤での火起こしって、
途中で火が消えてしまったり、
暑い夏の炎天下に火に向かって仰ぎ続けたり・・・・
結構大変

だもんで、トーチで火起こしをはじめてみましたが、
確かにトーチの炎があたる部分は
メラメラと炭が紅く染まるものの、
やはり燃え広がらせるのはかなりの苦労が・・・・・

そんな中、この火起こし器ってのは
着火剤を一番下に入れ、その上に適当に炭を乗せ、
着火剤に点火するだけ。
後はひたすら10分~15分待っていれば、
炭には勝手に火がつき、いい感じに
なってくれます。

        構造としては煙突効果ってやつみたいです。
        下に火がつくことで、空気の対流を促進させ、
        燃焼効率が飛躍的に向上&着火。


とにかく無駄な着火剤の使用もなくなる上、
扇ぎ続ける・・・・という大変な作業とも無縁に!

コレが我が家の火起こし作業中の姿です↓
   
        IMGA0785

セットしてしまえば子供達が何かをやらかさないか
大人は見守るだけ
そして子供達は拾った小枝でミニ焚き火です。

春のコンパ?(←今もあるの?)
家族で、学生さんで、彼女とBBQ、

        P1090873

とにかくアウトドアでは火が起きないことには
スタートしないので、絶対お勧めです。
焚き火だってスムーズなスタート

        P1090237

ちなみに我が家が使っているのは

     

        メッキ加工のスチール製なのでへヴィに使うには不向き・・・とのことですが、
        昨年20回は使用していますが、全く問題なし!
        普通のご家庭にはコレで十分なような・・・・。

        &折りたたむと↓
        424_3

        薄っぺらいので収納にも便利です。

今年はキャンプデビューしようかな?
と思っている方、毎回火起こしで苦労している方にお勧めの品でした。

ちなみに他にも色々あったのでチェックしてみてください


      

      

   




                         ↑お時間ありましたら、
                          ポチっとお願いします(^^ゞ




ESSE 9月号でも紹介♪  プチプラ可愛いテーブルランタン

昨日ESSEを買ったら我が家でも愛用している
テーブルミニランタン?が紹介されていたので、嬉しくなってちょっと・・・・。

        P1100133

        この、マイクロランタン。
        IKEAなどでも手にはいる小さなろうそくで灯りをともす
        可愛いランタン。

        我が家にも色々ランタンはあるものの、
        子供達が小さいため、テーブルの上に乗せるのはLEDライトです。
        その中でも一応光りが強すぎない色味ある
    
        P1100132

        GENTOS(ジェントス) エクスプローラー・プロ EX-777XP
        メインで使っていますが、補助?として横にある
        UCO(ユーコ) マイクロキャンドルランタン 
        も使用しています。

        これは炎部分を直接手で触れることが出来なくなっているので
        子供達にちょっと安心。
          (もちろん熱は持ちますが、ガソリンランタン等ほど高温にはなりません)
        
        また使用しないときは

        P1100131

        上部が引っ込んで収納でき手のひらサイズ。
        
        これならばちょっとした隙間で収納でき
        その上アウトドアでの食事などの雰囲気もアップさせてくれる
        プチプラお勧め品


私がよくお世話になるナチュラムさんなら
発送も早いので、今度のキャンプに間に合うのでは??
色も沢山あるので自分カラーで楽しめますよ

一応リンク貼っておきます♪

          

     あと以前にも紹介した記憶のあるジェントスも♪
     
        




                         ↑継続への励みになります!!
                         どうかポチっとお願いします(^^ゞ